スイーツ・お菓子

台湾カステラとは?【韓国グルメ】シフォンケーキとの違いは?セブンイレブンなどのコンビニでも買える?

最近注目度が上がっている台湾カステラ。

 

台湾カステラとは、簡単に言うと台湾式のスポンジケーキのことです。

 

日本のカステラとは異なり、そこまで甘くなく卵の味がしっかり感じられる味わい。

 

日本だとシフォンケーキに近いイメージです。

 

今回の記事では、台湾カステラの味や特徴について詳しく紹介していきます。

 

また、日本ではどこで買うことができるのか?ということについても紹介していきます。

 

 

韓国発祥の台湾カステラとは?味や特徴

台湾カステラとは、現地で「現烤蛋糕(シェンカォウダンゴウ)」と呼ばれている台湾式のスポンジケーキです。

 

英語表記にすると、「Taiwanese castella cake」や「Taiwanese sponge cake」と表します。

 

ふわふわプルプルで口溶けが非常に良いのが特徴。

 

食感もかなり軽いのでバクバクと食べられてしまいます。

 

食感で一番近い他の食べ物で例えるならば、ムースのような感じ。

 

味わいは日本のカステラと異なり、甘さよりも卵の風味が強いです。

 

カステラというよりもケーキというイメージが正しいのかも。

 

というのも台湾カステラの材料は「小麦粉、卵、砂糖、油、牛乳」です。

 

そう、シフォンケーキと同じ材料なんです。

 

日本でなじみの深い長崎カステラは、はちみつとザラメによって甘さが引き出されています。

 

この材料の違いが、同じカステラという名前でも味の違いを生み出しているのです。

 

シフォンケーキとの違いは?

 

シフォンケーキとの大きな違いは「焼き方」です。

 

シフォンケーキの表面はこんがりと焼かれて固くなっていますよね。

 

それに対して台湾カステラはしっとりしています。

 

なぜなら「湯煎焼き」という方法で生地を焼いているからなんです。

 

シフォンケーキはケーキ生地を直接オーブンで焼きます。

 

台湾カステラはトレイにお湯を張り、その上にケーキ生地を置くことでいわゆる蒸し焼き状態で調理します。

 

そうすることで生地の表面がこんがりとすることなくプルプルになるんです。

 

 

また、材料の油を80℃くらいまで熱しているのもシフォンケーキと異なる点です。

 

油を温めてから生地に入れることでよりふわふわの食感を作り出せます。

 

以上の2点がシフォンケーキと違うところになります。

 

 

どこで買える?セブンなどのコンビニには売ってる?

 

台湾カステラは、専門店だけではなくネットやコンビニで購入することができます。

 

しかし、台湾カステラは最近注目されたばかりですからなかなか専門店が少ないのが現状。

 

セブンイレブンでは、2020年10月下旬より東日本を中心に順次発売されています。

 

セブンのはカップケーキスタイルでの販売のようです。

 

しかし、そのほかに愛知・岐阜・三重・石川・福井県では台湾カステラサンドというものを販売しているそうです。

 

5県やその隣県の人々にとっては是非試してみたい一品ですね。

 

西日本では買えないの?

 

では西日本の方では買うことは出来ないのでしょうか。

 

安心してください。

 

福岡、大阪には台湾カステラの専門店があります。

 

特に大阪には多くのお店が出店しているようですので、要チェックです。

 

 

そんな大都会に住んでいないよ。。。という人にはネットでの取り寄せが便利。

 

おいしい専門店の味をセットで取り寄せることができます。

 

自分で作る前に正解の味を知りたいというときや楽して試してみたいという時に探してみてください。

 

台湾カステラの真実が暴露された事件とは

最近日本で注目されるようになった台湾カステラですが、過去にこんな事件も。

 

それは「大王(テアン)カステラ事件」というもの。

 

大王カステラとは、韓国で大人気の台湾カステラのお店です。

 

ある日放送されたチャンネルAで放送された番組が、この大王カステラのレシピの「真実」を暴きました。

 

放送によると、チェーン展開する大王カステラの複数の店舗で、バターや新鮮な卵の代わりに大量の食用油と卵液が使われていたほか、古いクリームや安価な粉末ミルクが生地に加えられていた。

 

という内容のものです。

 

さらに、この大王カステラは「材料は小麦粉と卵のみ。化学添加物は使っていません」という宣伝をしていました。

 

しかし、実際は食用油をはじめ膨張剤などを使用。

 

この宣伝が火に油を注ぐ形になり、韓国では大炎上。

 

安い食べ物には何かしらの理由があるものだと改めて実感させられる事件になりました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は台湾カステラについて紹介してきました。

 

甘さが控えめでふわふわプルプルの新食感を是非体験してみてください。

 

自分で作ったときはクリームなどでデコレーションをして好きな味で楽しむのも良いかもしれませんね。

 

今後ブレイクすること間違いなしの大注目スイーツです。

-スイーツ・お菓子

Copyright© momo-log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.