料理

テフロンのフライパンって剥がれたら寿命?テフロンを復活させる方法はスプレー

 

使い始めは、食材がくっついたりしないテフロン加工のフライパン。

 

だんだんと使っているうちに、焦げ付くようになってしまいますよね。

 

今回はそろそろ寿命かな?買い換えような?と思っているひと向けに、テフロン加工のフライパンの寿命の伸ばし方と復活する方法をシェアしたいと思います。

 

 

テフロンのフライパンって寿命はどれくらい?

テフロンのフライパンって寿命はどれくらい?

 

テフロン加工をされたフライパンの寿命は1年程度です。

 

意外と短い寿命の理由は、扱いやすさを優先したテフロンの特性になります。

 

 

テフロンのフライパンは調理面をフッ素樹脂でコーティングしたもので「撥水性」と「防汚性」に優れてます。

 

・撥水性(はっすいせい):素材の表面が水を弾くはたらがあります。

 

・防汚性(ぼうおせい):汚れを防いだり、付いた汚れを落ちやすくするはたらきがあります。

 

 

そしてその反対に弱点もあります。

 

・摩擦でコーディングが剥がれやすい。

 

・熱に弱い。

 

使っていて食材がくっついて、汚れが落ちにくくなってきたかも?と思ったらコーティングが剥がれてきたサインです。

 

 

剥がれたらもう捨て時なの?

剥がれたらもう捨て時なの?

 

結論から言うとコーディングの剥がれが捨て時のタイミングといえるでしょう。

 

 

少しここでテフロン加工の特徴のおさらいをしながら、長持ちさせるためのコツをシェアしたいと思います。

 

空焚きしないこと

 

調理するときに段取りが間に合わなかったりして、煙が立ったことはありませんか?

 

フライパンの温度が高温になりすぎるとコーディングが剥がれるきっかけになります。

 

火傷や火事などの安全面からも危険な状態といえるので、面倒でも一度コンロを消してフライパンの温度を下げましょう。

 

テフロン加工のフライパンを使うときは、火加減は弱火から中火を心がけてください。

 

 

金属製のヘラを使わない

 

テフロン加工のフライパンの調理面は摩擦に弱いです。

 

コーディングを長持ちさせるために、シリコン製や木製のものを使うようにしましょう。

 

 

清潔な状態にする

 

テフロン加工されたフライパンにはたくさんの小さな穴があります。

 

そこに調理に使った材料の油や成分などが染み込んでサビやすくなります。

 

それをきっかけにコーディングの剥がれが進んでいきます。

 

調理が終わったら料理はお皿に移して、なるべく早く洗って清潔な状態を保つようにしましょう。

 

 

フライパンのテフロンを復活させるスプレー

フライパンのテフロンを復活させるスプレー

 

フライパンの寿命は調理面のコーディング剥がれが原因になっていることがわかりました。

 

でも、実は復活させ寿命を延ばすことができる方法もあります。

 

買い替えや捨てる前に一度検討してみてください。

 

 

コーディング加工のサービスを行っている業者を利用をする

 

【こんなひとにオススメ】

 

・長く同じフライパンを使いたい

 

・高価なフライパンを持っている

 

 

しかし比較して検討する手間がかかります。

 

・業者によって加工にかかる費用がそれぞれ

 

・フライパンが手元に戻ってくるまでに時間がかかる

 

 

自宅でテフロン加工を復活させるスプレーを使う

 

【こんなひとにオススメ】

 

・安価なフライパンを使っている

 

・手軽で簡単にフライパンの寿命を伸ばしたい

 

 

手軽に扱えるスプレーで好きなタイミングでお家でメンテナンスできます。

 

・フライパンの調理面にシュッとスプレーするだけ

 

最近ネットで話題のアイテムをシェアしますね。

 

 

まとめ

 

テフロン加工のフライパンは一度焦げ付き出すと、調理と片付けもおっくうになってきますよね。

 

料理のできあがりにも影響が出てくるし、後片付けも汚れを落とすのに時間がかかってしまいます。

 

家事にかける時間は、なるべくストレスなく過ごしたいものですよね。

 

 

今回はテフロン加工のフライパンの特性や寿命の伸ばし方、復活の方法がわかったと思うので試してみてほしいです。

 

 

特にスプレーは火加減の難しいアウトドア調理器具のメンテナンスにも、便利なのでぜひ取り入れてみてほしいアイテムです。

-料理

Copyright© momo-log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.