スイーツ・お菓子

メレンゲが泡立たないのはなぜ?原因と対処法まとめ|そのまま再利用できる?

卵の卵白を泡立てて作るメレンゲ。

 

なぜか、なかなか泡立たないことがあって困りますよね。

 

実は原因と対処法があるんです。

 

それは「卵の品質・温度」「調理器具」「砂糖のタイミング」を管理することです。

 

メレンゲはお菓子にもよく使われますし、オシャレな料理にも使います。

 

お客さんが来た時や記念日の手料理には欠かせないですよね。

 

メレンゲを混ぜたり、乗せたりすることで美味しくなったり、華やかになったりします。

 

けれど、もしメレンゲが泡立たないときはどうしたらいいでしょう。

 

今回はメレンゲが泡立たないのはなぜか、原因と対処法、再利用の仕方をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

メレンゲが泡立たない原因

メレンゲが泡立たない原因

メレンゲが泡立たない原因の一つには、卵が古いこともあります。

 

黄身が割れて白身と混じっている場合は、わかりやすく腐っていますよね。

 

けれど古くなったくらいの卵って、ちょっと分かりにくいですよね。

 

鮮度の悪い卵の見分け方は、パッと見てわかるんです。

 

卵って古くなると白身が水っぽくなるんです。

 

または白身が濁っている場合も古い証拠です。

 

これらの卵白はメレンゲ作りには使わないようにしましょう。

 

また、卵は常温に戻したものではなく、冷蔵庫から出したばかりの冷えた卵を使ってください。

 

温度が低い卵の方が、卵白もきめ細かいんです。

 

次に調理器具の管理も挙げられます。

 

卵白は油が少しでも混じっていると泡立ちません。

 

調理器具はいろいろな料理の時に使いますよね。

 

そんな料理の油分が残っているとメレンゲが泡立たないので、丁寧に洗って、よく水気をふき取ってください。

 

そして砂糖を入れるタイミングも大事です。

 

卵白がある程度泡立ってから、何回かに分けて入れるようにしましょう。

ゆるい時は冷やすと復活する?

ゆるい時は冷やすと復活する?

メレンゲがゆるいときは冷やすと復活するのでしょうか。

 

実はこれは原因にもよります。

 

もし油分や水分が入ってしまっているのなら、復活は難しいです。

 

ただ油分水分が入っていないのに泡立たないときは、冷蔵庫で30分程度冷やして再チャレンジをしてください。

 

もしかしたら復活する可能性がありますよ。

失敗したメレンゲはどうする?そのまま再利用する方法は?

失敗したメレンゲはどうする?そのまま再利用する方法は?

失敗したメレンゲを捨てるのはもったいないですよね。

 

ちゃんとお菓子に再利用できますよ。

 

フワフワとしたスポンジ系のお菓子には使えませんが、クッキーやマドレーヌなどしっとりしとたお菓子には使えます。

 

意外に多くの種類のお菓子に使えるので、捨てないで再利用しましょう。

メレンゲ作りで失敗しないポイント

メレンゲ作りで失敗しないポイント

では、次にメレンゲ作りで失敗しないポイントを見ていきましょう。

黄身(卵黄)を取り除く

上記にあったように、油分は泡立ちの大敵なんです。

 

ちなみに実は卵黄にも油分は含まれています。

 

黄身と白身が少しでも混じってしまったら、その卵はメレンゲには使わないようにしましょう。

砂糖の入れ方

砂糖をメレンゲにいれるタイミングが早いと泡立ってくれません。

 

「だいぶ泡立ってきたかな?」

 

というタイミングで3回程度に分けて入れましょう。

 

分けて砂糖を入れた後、一度は泡立ちが落ち着いてしまいますが、砂糖の性質上のことなので、また混ぜれば泡立ちます。

手動・ハンドミキサーでの違い

手動・ハンドミキサーでの違い

手動とハンドミキサーの違いは、労力以外にも明確な違いがあります。

 

手動の方が、キメの細かい質のいいメレンゲを作ることができるんです。

 

けれど根気と体力、時間がとても必要になります。

 

手動だと、どんなに「卵の品質・温度」「調理器具」「砂糖のタイミング」に気を付けていても泡立たないことがあるんです。

 

初めてメレンゲを作る人には大変な作業かもしれません。

 

ハンドミキサーだと、手動よりはメレンゲが粗くなって、少し質が落ちます。

 

けれど、簡単にメレンゲを作れるので、初心者の人にはおすすめの方法なんです。

 

-スイーツ・お菓子

Copyright© momo-log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.