食材

きゅうりのぬるぬるした白い汁!?カビや断面の泡など食べられるのかまるっと解説

きゅうりからぬるぬるした白い汁が出てきたら、それは腐っている証拠です。

 

表面についたカビと同じく、食べるのは避けた方がいいですよ。

 

ただ、断面の泡については大丈夫なんです。

 

「よく使うものだし、安いからいっぱい買っておこう」ときゅうりは買い込みがちですよね。

 

そのまま冷蔵庫で忘れていて、いざ食べようとしたら「なんかぬるぬるしてる」「カビが生えた」ってことがあります。

 

今回はきゅうりの白い汁とカビ、断面に出てくる泡の正体について見ていきましょう。

 

断面からぬるぬるした白い汁がでたら?

断面からぬるぬるした白い汁がでたら?

きゅうりを切って、断面からからぬるぬるした白い汁が出た場合、そのきゅうりは腐っていますよ。

 

きゅうりは野菜の中でも水分をとても多く含んだ食材です。

 

その水分に雑菌が繁殖してぬめりになってるんです。

 

出来れは捨てるのがいいですが、もしどうしても諦めきれないときは、何か所か切ってみましょう。

 

きゅうりはヘタ近くのところから腐りやすいので、ヘタから遠い部分は食べられるかもしれません。

 

しかし、もしきゅうり全体がぶよぶよしていたり、柔らかくなっているときは残念ながら諦めた方がいいですよ。

 

そして断面に出てくる泡ですが、これはきゅうりの灰汁なんです。

 

きゅうりをヘタの部分で切って、断面をこすりあわせるとよく出てきます。「ククルビタシン」という渋味成分です。

 

体に害はないので、さっと洗い流して食べてしまいましょう。

表面の白いカビみたいな粉は何?

表面の白いカビみたいな粉は何?

きゅうりが新鮮な場合はカビではなく「ブルーム」の可能性が高いです。

 

「ブルーム」とはよく果物のブドウにみられる現象です。この白い粉は野菜や果物の病気を予防し、鮮度を保つ働きがあります。

 

これは新鮮な証拠なので食べても問題ありません。

 

またブルームはよくカビと間違えられてしまうので、今では「見た目がよくない」という理由で、なかなかスーパーなどでは販売されなくなりました。

 

しかし、「ずいぶん前に買ったもの」「きゅうりがぶよぶよして柔らかい」のであれば、それはカビです。

 

ドーブルームかカビかわからないときは、「いつ買ったものか」「全体の固さはどうか」を見て考えてください。

 

白い粉だけを見るのではなく、きゅうり全体を確かめましょう。

白いぶつぶつや斑点がある場合

白いぶつぶつや斑点がある場合

見慣れた、きゅうりのとげでないなら「斑点細菌病」という病気が考えられます。

 

原因は栽培地で雨が続いて湿度が高くなると発生するカビです。

 

この病気にかかったきゅうりは、とても腐りやすくなってしまうんです。

 

残念なことに「斑点細菌病」は治療効果の高い薬剤はなく、予防しか対策がないんです。

 

予防では「水はけをよくする」「枝や葉に斑点がみつかったらすぐに取り除く」しかありません。

 

困るのは、収穫したときにはなんともないのに、移送中や市場、スーパーで発病することもあるんですよ。

 

しかし、病気のきゅうりでも食べられます。

 

進行が進んで腐ってしまっていたらだめですが、ただ白い斑点があるくらいなら大丈夫です。

 

見た目で抵抗がある人は、皮をむいてしまえばいいですね。

そもそもきゅうりの賞味期限ってどれくらい?

そもそもきゅうりの賞味期限ってどれくらい?

きゅうりの賞味期限は冷蔵庫に入れて保存した場合10日前後です。

 

水分の多いきゅうりは気温に左右されます。

 

常温では気温が高ければ1日ですし、低すぎても1日か2日です。

 

20℃を超えず10℃を下回らない場所であれば3日です。

 

冷蔵庫の野菜室であれば7日から10日なので1番日持ちがしますね。

 

置き方も袋から出して、ヘタを上にして立てかけるのが賞味期限をのばすコツですよ。

 

まとめ

きゅうりが腐っているかどうかの見分け方を見ていきました。

 

食べてはいけないきゅうりは「ぬるぬるしている」「白い液が出てきた」「ぐにゃぐにゃしている」ということがわかりましたね。

 

腹痛が起きたり、食中毒を起こす可能性があるので絶対食べないようにしましょう。

 

また適切な保存方法によっても、きゅうりを美味しく食べられる期間が変わってくるので気を付けましょうね。

 

-食材

Copyright© momo-log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.