スイーツ・お菓子

手作りブラウニーの賞味期限は?日持ちさせる保存方法や食べごろを解説!

手作りブラウニーの賞味期限は常温でおよそ4日程度です。

 

しかし、ブラウニーは冷蔵保存や冷凍保存することで賞味期限を延ばすことができます。

 

ブラウニーは混ぜて、焼いて、切るといった工程だけでできます。

 

一見簡単そうに見えるこの工程ですが、混ぜ方や保存方法によって味が変化してしまうデリケートなケーキなのです。

 

そのため、保存方法や賞味期限については注意が必要となってくるのです。

 

せっかく手作りするなら一番美味しい状態のブラウニーが食べたいですよね。

 

今回は、ブラウニーを常温、冷蔵、冷凍保存した場合の保存方法や賞味期限について紹介していきま

す。

 

それに合わせて、ブラウニーを手作りする際のポイントも一緒にご紹介していきます。

 

手作りブラウニー・賞味期限の目安は?

手作りブラウニー・賞味期限の目安は?

手作りブラウニーの賞味期限は保存方法によって異なります。

 

常温の場合は、およそ4日。冷蔵保存の場合は、およそ6日。

 

冷凍保存の場合は、およそ3週間。

 

保存方法によって、賞味期限が異なるため、食べるタイミングに合わせて保存するといいでしょう。

 

また、大量に作ってしまっても冷蔵、冷凍することによって保存期間を延ばすことができます。

 

しかし、ブラウニーにフルーツや豆腐、おからを使用した場合は賞味期限は短くなるので注意しましょう。

 

日持ちさせるには常温?冷凍?おすすめの保存方法

日持ちさせるには常温?冷凍?おすすめの保存方法

ブラウニーは常温、冷蔵、冷凍のどの方法でも保存はできます。

 

常温→冷蔵→冷凍と賞味期限は延びていきます。

 

保存方法によって、日持ちをさせることはできるのですが、それぞれの保存方法には注意が必要となっていきます。

 

ここからは、それぞれの保存方法について紹介していきます。

 

・常温での保存の場合

賞味期限は常温でおよそ4日です。

保存には直射日光を避け、比較的涼しい場所で保存しましょう。ラップか保存袋に入れて乾燥を防ぐ

といいでしょう。

 

・冷蔵保存の場合

冷蔵保存の場合の賞味期限はおよそ6日です。

 

この場合も常温と同様に、ラップか保存袋に入れて保存しましょう。

 

・冷凍保存の場合

ブラウニーは冷凍保存も可能です。冷凍保存の場合の賞味期限はおよそ3週間となります。

冷凍保存する場合には1つずつラップに包んで、ジップ袋や保存袋に入れることをおすすめします。

 

解凍するとき…

解凍するときには、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍するか、電子レンジで解凍するのがいいでしょう。

 

ブラウニーは冷凍保存することが可能ですが、ブラウニーを保存するには常温か冷蔵保存がオススメです。

 

ただし、夏場や暑い時期などになると傷みやすいため、冷蔵保存がオススメです。

 

冷蔵保存する場合には、粗熱が取れてからラップや保存袋で密閉し、冷蔵庫にしまうようにしましょう。

 

もし、冷蔵庫に保存して乾燥してしまったら…

 

長時間冷蔵庫で保存したりすると、ブラウニーが乾燥してしまう可能性があります。

 

その場合には、表面に軽く霧吹きで水をかけ、ラップにかけてレンジで10秒ほど温めるといいでしょう。

 

食べごろってあるの?

食べごろってあるの?

チョコブラウニーは出来立てよりも時間をおいた方が美味しく食べることができます。

 

作った翌日〜3日後の方が生地が落ち着いて美味しく食べれます。

 

そのため、食べる日から逆算して、作成にあたりましょう。作成日にも気を配る必要があるのです。

失敗しない!手作りブラウニーのポイント

失敗しない!手作りブラウニーのポイント

ブラウニーは作る工程においても注意が必要なデリケートなケーキです。

 

作る工程において、味が変化してしまう可能性があるためです。

 

ここからは、作業順に作り方のポイントを紹介していきます。

 

・ブラウニー生地を作る際生地を混ぜ過ぎないこと

 

生地に空気が入り込まないように混ぜ過ぎないようにしましょう。

 

生地に空気が入り込むと、生地内の水分が蒸発してしまい、パサパサしてしまいます。

 

・ブラウニーを焼く際焼き過ぎないこと

焼きすぎると生地が乾燥してパサパサになったり、生地の表面に亀裂が入ってしまうことがあります。

 

竹串などで中央を刺して焼き具合を確認しながら作っていきましょう。

 

また、焼き上がったら、すぐにオーブンから取り出しましょう。

 

余熱で、パサパサになってしまうことがあるためです。

 

 

・ブラウニーを型抜きをする際、粗熱が取れてから

 

粗熱が取れる前に生地を取り出すと、生地が割れてしまう可能性があります。

 

粗熱が取れたら、ラップをし、乾燥を防ぐようにしましょう。

 

 

・ブラウニーを切る際

すぐに切らずに1日冷蔵庫へ

 

ブラウニーは1日寝かせることでチョコなどの油分が全体に馴染んでしっとりとします。

 

そのため、1日寝かせてから切ることで、断面をキレイに切断することができます。

 

まとめ

ブラウニーを美味しく食べるための賞味期限やコツを紹介してきました。

 

ブラウニーはデリケートなケーキなので、保存方法や作る工程においても注意が必要となってきます。

 

特に、ブラウニーは乾燥しやすいので、きちんと密閉して保存するようにしましょう。

 

常温、冷蔵、冷凍でも保存ができるので、大量に作って冷凍保存してもいいかもしれませんね。

-スイーツ・お菓子

Copyright© momo-log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.